「お腹が痛い」「胃が痛い」「吐き気がある」そんな時は消化器の病気かもしれません。

逆流性食道炎

症状

医療業界に転職すると逆流性食道炎の患者さんと出会うこともあると思いますが、
逆流性食道炎とはどんな病気なのでしょうか?

逆流性食道炎とは何かしらの理由で胃酸が逆流することによって
食道が炎症を起こしてしまう消化器官の病気のことです。

主な症状は胸やけや呑酸、ノドの違和感、ゲップ、お腹の張り、胸の痛み、不眠、咳、喘息といったものです。
呑酸というのは酸っぱい液体が胃から上に上がってきてしまい、吐き気を伴う症状のことをいいます。

もし、これらのような症状が現れた場合は逆流性食道炎の可能性が高いのですぐに病院に行きましょう。

原因

逆流性食道炎は加齢や乱れた食生活、肥満などで
食道下部括約部という逆流を防ぐ部位の働きが弱まることが原因で起こります。

年齢を重ねると下部食道括約筋や食道のぜん動運動の働きが低下し、
それが逆流性食道炎を引き起こす原因にもなります。肥満になると腹圧が
上がることから逆流性食道炎になりやすく、薬の副作用で発症することもあります。

脂肪分の多い食事、タンパク質の多い食事をしているなど偏った食生活をしていると発症しやすいです。
また、ストレスを過度に受けている人も逆流性食道炎になるリスクが高いといわれているので気をつけましょう。

対処法

逆流性食道炎の場合、薬物療法が一般的で薬を処方してもらって約8週間程度で症状が改善します。
ただし、症状が良くなったからといって自己判断で薬を止めてしまうと再発する可能性があります。

また、発症を防ぐためには食生活と生活習慣の見直しが必要不可欠なので、
原因だと思われることを止めるようにしましょう。

栄養バランスのいい食事をとり、禁煙・節酒を心がけ、適度な運動をすることで予防することができます。
食べてすぐに横になったり、食事を腹八分目に抑えるというのも逆流性食道炎の予防・改善に効果的です。